1. 突然の発症

2. 簡単に信じてはいけない民間療法や噂

3. 毎朝が悪夢。そして見つけた名医に会いに・・・

4. 名医の言葉を信じて痒みと戦う日々

5. 決して掻かない!/完治に一番重要だったこと

6. 自分のアレルギーを知る

7. 薬と上手く付き合う

8. 完治。自立。そして先生さようなら、ありがとう

引っ搔き防止 腕コルセットの作り方

引っ搔き防止 腕コルセットの作り方

大人アトピー 皮膚

この腕コルセットには、本当にお世話になりました。
このコルセットをして、顔を寝ているときに掻かなくなってからは、
皮膚がどんどん正常の厚みに近づき、少しの刺激では痒さやヒリヒリを感じなくなりました。
私の中ではアトピー完治までのプロセスでとても重要なアイテムとなりました。

強い薬の常用や、良くわからない民間療法に頼る必要はありません。
本当に先生が言った通り、掻かないために頭を使いました。
でも、こんなに安全で簡単な方法で症状が良くなったのです。

 

<材料>

・ 厚みのあるしっかりとした雑誌(私はファッション誌やデパートから送られてきたカタログ誌を利用)
・ ガムテープ
・ 長めのヒモ(約60㎝は必要)

 

<作り方>

とても簡単です。
1. 雑誌を丸める
2. ガムテープでしっかりと留める
3. ヒモをしっかりと両方の雑誌に留める

写真を参考にしてください。雑誌は使っていませんが、仮で作ってみました。
まず、片手はこのような感じになっています。
肘が曲がらないようになるので、顔などを掻くことができません。

成人アトピー 腕コルセット

▼ただ腕にハメるだけでは、寝ているときに簡単に抜けてしまいます。
両手からコルセットが抜けないように首にヒモをかけれるようにします。

長すぎず短すぎず、自分で首からかけてみて、
肘にコルセットが来て安定するよう調節してヒモの長さを決めてください。
(写真参照)

大人アトピー 掻かない方法

スポンサーリンク


そして完治まで

本当にアトピーは痒みとの闘いでした。掻かなければ治る!そう信じて戦いました。
掻かないことで肌の状態が毎日良くなってくるのが分かり、
さらに気合を入れて掻かないよう努力しました。
掻かない努力をしてから、肌の状態が赤みが完全に消えるまで3ヶ月ほどでした。

症状が良くなってからも、アレルギーは身体からすぐには消えませんでした。
先生が言っていたには、ストレスや疲れ、季節の変化、
さまざまなことが 成人アトピーの要因となるので、
良くなったと思っても、また赤みが出たりします。

何か症状が出たら、すぐにこのコルセットをつけて眠り、
ひどくしない、決して悪化させないようにしました。

自分のアレルギーを良く知り、合わないものは食べないことや、
抗アレルギー剤や塗り薬と上手く付き合うことも大切でした。

それが2年くらい続いたときには、完全に健康な肌に戻り、
あのときのような痒みや赤みに悩まされることはなくなりました。

下記が母が本屋で見つけてきて、そして私がとても参考にした戸田先生の著書です。
腕コルセットの作り方も載っています。
成人アトピーで悩んでいる方は、ぜひ読んで頂けたら良いと思います。

これで治る「成人のアトピー性皮膚炎」日常のケアと正しいクスリの使い方


スポンサーリンク